https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

3泊4日のキャンプから帰宅

中3男子

小3女子

ダブル反抗期の育児中母です。

 

母も更年期です♪

こんばんは!

 

娘momo(8)

無事に木曜日夕方に

3泊4日長野キャンプから帰宅しました。

 

仕事の関係で、

お迎えに行くのが少し遅れてしまったのですが、

迎えに行くと

momo「あ~~長野に帰りたい!!」

「かおと、ひななと、ジャスミンとまた一緒に過ごしたい!!」と、

帰宅拒否です(笑

 

 

 

息子sakura(14)の時もそうでしたが

誰も知らないところに3泊4日も 放り投げられるにもかかわらず、

帰宅するときは

「帰りたくない、キャンプに戻りたい」というのです。

 

それだけ、

この 英語国際交流キャンプは魅力的なのでしょうね。

 

momoは今回

はじめて会う、はじめて一緒に生活するメンバーのうち、

3人が外国の方だったそうです。

ですが、もちろん

ノープロブレム

アリー

ジャスミン

ビビアン

三人とすぐに仲良くなり、

日本語英語ジェスチャーで楽しい毎日だったそうです。

 

帰宅後、交換した名刺の情報から

ジャスミンのInstagramを探し出し、

早速 フォローしたーあたりは

現代っ子ですね♪

 

 

今回 momoのキャンプでの話を聞きながら

感じた事があります。

それは、

彼女が 

・おとなしいキャラ

・お姉さんキャラ

だって事。

 

家とは真逆で 社会を渡っているという事です。

先輩の高校、大学生からも

「たよれる」「やさしい」「おちついてる」などの

メッセージをもらっての帰宅。

 

・甘えん坊

・怖がり

・泣き虫

の家キャラからは想像できないことを外では頑張っているのですね。

 

 

そして、

兄sakurasakuraの時とは違い

キャンプの感想がとても女性的だとも思いました。

 

兄の時は

・御飯がおいしい

・イベントのマウンテンバイクが面白い

・電車が眠い

 

こんな感じですが、

momoの場合は

 

・キャンプファイヤーで火の子と星が混ざってきれいだった

・〇〇ちゃんのセリフがかわいかった

・歌の歌詞が素敵

・セミの羽化がきれいで神秘的だった

などなど

感性の部分の感想が多いな~と感じました。

 

 

同じ事を同じようにしているのですが、

個性がそれぞれ光るんだな~って思いました。

 

 

親とではできない体験

子供(小学生から大学生まで)だけの生活

どれだけ貴重なことか

毎回毎回 感謝でいっぱいです。

 

お金では買えなもの

沢山ある事

友達とのつながりが解決する事

親との距離

 

沢山学べるキャンプ

 

今年も行ってくれてありがとう!

 

f:id:ta_ka-tan:20190804195207j:image

帰宅後

「長野に、帰りたーい」という図

 

 

 

たった3泊4日なのに

一緒に泊まったメンバーが

「第二の家族!」と 言ってしまうほどのmomo

多くを学べたのだと、思います。

 

 

インフルエンザ明けでの参加

陰ながらフォローしてくれた、

高校生大学生 ありがとうございました。

 

 

写真入り記事はこちら↓

http://sakuramomo3.blog.fc2.com/blog-entry-964.html

 

それでは、また。