https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

「怖い」を克服する方法

ホラー系が 大の苦手な筆者です。

こんにちは。

 

小学生の頃、帰り道

友達が怖い話をして、腰が抜けてしまい

友達のお母さまにお迎えに来てもらった 程です(苦笑)

 

 

そんな 超 怖がりな私は

怖い目に会わない為に、怖い世界には踏み込まないように

踏み込まないように

律して生きて来ました(大袈裟)

 

 

しかし、、、、

人は人それぞれ

怖くても 立ち向かう人も居るのです!!

 

 

それが、

我が娘momo(8)

 

客観的に見て、彼女も 超超怖がり。

未知の物

おばけ

幽霊

怖い占い

 

ほぼ苦手。

その話を聞いた夜から翌朝にかけては必ず

「怖い~どうしよう~~怖い~~一人でいられない~」

トイレ、お風呂、ベッド

全部 私を同伴させようとします。

 

面倒くさいです。

 

そんなに怖がりなのに、、、、

翌日になると、

『怖いから、怖いから もう一回見ておく』

 

そんな事を言いだすのです。

 

なんでも

怖いけど、

慣れればきっと、克服できるはず!と思っているらしいのです。

 

 

 

 

この日も、

伝記まんが モーツアルトを読んでいたmomo(8)

f:id:ta_ka-tan:20190703083614j:image

 

天然痘が流行り

みんなが死んでいくシーン。

天然痘を死神にとらえて、物語は進みます。

 

f:id:ta_ka-tan:20190703083625j:image

 

その死神の絵が 怖くて 怖くて

トイレにも行けず、

一人で家のドアもあけられず、

怖い 怖い 怖いと 泣きじゃくります。

 

 

なのに、翌朝

 

『もう1回読んでおく』と。

 

 

 

結局

翌朝 もう2回読んでました(苦笑)

f:id:ta_ka-tan:20190703083659j:image

 

 

こういうのを 荒療法 というのでしょうね。

 

 

母には全くもって、理解不能でございます。

きっとこれも 彼女の

「負けず嫌い」が 影響しているんだろうな~と

思う

母なのでした。

 

それでは、また!