https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子との日々の様子

それぞれクラス発表の感想

新年号!!!!!

 

決まりましたね。

『令和』 

 

私は違和感なく 受け入れられそうです。

昭和生まれが今何歳なのか?

平成生まれた今何歳なのか?

余計に わからなくなりますが(笑

これも日本古来の文化として、継承していくモノの

一つなんだと、

自分を言い聞かせ中です♪

 

 

そんな中

子供達のクラス発表もありました。

 

 

娘momo(8)は一足先に3/25に判明しておりましたが、

息子sakura(14)は 本日 発表。

 

2人に、クラス発表の感想を聞いてみた所、

こんな感じでした。

 

Momo(8)

「わくわくしてたけど、予想通り わりと

良いお友達関係だと思う~~。

ただ、双子のA兄ちゃんが一緒じゃないのが、残念だけどね」

 

 

Sakura(14)

「なんか 平和 って感じ」

 

 

 

だそうです(笑)

聞くところによると、

兄sakura(14)のクラスには 保育園時代一緒の子が

多いそうで、

また 吹奏楽部のメンバーも多いとの事で、

気心知れた仲 のメンバーなのかもしれませんね。

 

中学生時代最後の1年

学校生活を楽しんでもらいたいと思います!!

 

あまりに気心しれすぎて。。。

遊びすぎないように お願いします。

お勉強も、してね!(笑)

 

 

そして ここからは 母親の私の独断的な意見なので、

気を悪くする方がいらっしゃるかもしれませんので、

ご注意下さい。

 

 

小学校を卒業する際、

最後の個人懇談で 当時の担任の先生にお願いした事がありました。

 

それは、中学校へ行ったら、

Y氏、sakuraを一緒にしないで欲しい。

という事です。

 

 

息子が小学6年生の頃、

学級崩壊し、担任の先生もヨレヨレで、

親たちも 気が気でない日々を過ごしました。

 

それに加えて、個人的に

Y氏から攻撃を受けていた息子。

精神的にも、身体的にも

親として 攻撃を受ける事に我慢がならず、

担任を通り越して、教頭先生へ

助けを求めた事もありました。

 

そんなY氏とだけは、一緒にしないで欲しい。

本人が我慢できても、

親として受けた心の傷が、彼を見るだけで

痛むので、できる事なら、クラスを分けて欲しいと、

懇願したのです。

 

 

中学1年生に上がり、無事 クラスは分かれました。

もしかしたら2年生のクラス替えで一緒になるかもと、

不安でしたが、またもや別に。

 

最終学年、sakuraも随分と身体的にも精神的にも成長したので、

万が一Y氏と一緒になったとしても、

なんとかなるだろう!!と

私の気持ちを 言い聞かせてのクラス発表でした。

 

結果、

クラスは別に。

 

正直 私 ホッとしました。

ドキドキしすぎて、吐き気がしていたのも治まりました。

 

偶然かもしれませんが、

当時の担任の先生が 口添えして下さったと、

感謝しています。

 

本当なら、若い頃に

苦労した方が良いのでしょうが、

母として

出来ればいばらの道を歩ませたくない、、そんな気持ちで、

そう思ってしまう、過保護な私を、

見逃してくださいませ。

 

 

さ、4月です。

Sakura(14)とmomo(8)

また1年 大きな花を咲かせて下さい!!

 

f:id:ta_ka-tan:20190331065622j:plain

 

それでは、また。