https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

2か月遅れのクリスマスプレゼント?

ある日のこと

家のポストに不在票

 

送り主の欄に

「外国」 と書いてあります。

 

だれ?

なに?

 

怖い。(笑

 

 

荷物は 

「小包」と 書いてあります。

 

 

だれ?

なに?

 

やっぱり 怖い。

 

 

受取に行くべきか?

再配達してもらうべきか?

 

 

思い当たる人、思い当たる物が

ないだけに 

全てが怖い(笑)

 

 

でも意を決して(大袈裟)

郵便局へ荷物を引き取りに行きました。

 

 

そしたら、あら なんと!

一昨年の夏 兄sakura(13)が1か月ホームステイを

したアメリカのお宅から

「プレゼント」だったのです。

 

 

中を開けてみると~~

 

 

f:id:ta_ka-tan:20190208120644j:plain

 

そして 手紙には

「MerryChristmass」

 

え~~~~~~~~!!

今 2月だしーーーーーーーー!(笑

 

 

 

どうやら 荷物は船便で送ってくれたらしく、

12月の末に送ってくれた荷物が

2月の節分の頃に届いた、という訳です。

 

早速

SNSとメールで 「ありがとう」のお返事を

しました。

 

 

この事を思うと、

飛行機が無い時代

ネットが無い時代

1秒が1分が 今とは全く違った感覚だったのだろうなって

思います。

 

今の子が

「ラインが帰ってこない」

「既読スルー?」

って 悩んだり、泣いたりしてるけど、

一昔前だったら

1か月間 

既読スルー状態なんて 当たり前だったんだろうなぁって。

 

 

時間は限られているので、

「人を待たせる事」は 今やとても悪だと

されていますが、

「待つ」事も大切な時があるなって、

な~~んとなく

思った出来事でした。

 

 

プレゼントは sakura(13)にだけでなく、

Momo(8)にもありました。

遠くに住んでいる 親戚のような気持ちですね。

 

私達もまた

機会があれば、アメリカの親戚に

何か贈り物したいな~って思います。

 

 

 

 

 

それでは、また。

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/