https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

猛暑のフラメンコ!

吹奏楽コンクールが終わり、

残念ながら 次の大会へ行けなかった

息子のチーム。

 

コンクールの翌練習日は、

それまでとは全く違った様子だったそうです。

息子の表現でいうと、

『まるで わたあめ みたいな感じだった。

みんなも 先生も』

 

ふ~~ん。

燃え尽きた症候群でしょうかね。

 

それでも、それを聞いて私は、

少しペースダウンして 夏休みを楽しんだり、

午前は部活、午後は勉強 というスケジュールも

中二男子として、良いのじゃないかな~って思いました。

 

が、しかし。

 

そう 「わたあめ期間」は長くは なかった。

 

わたあめ日の翌日には

いつもの 厳しい練習に戻ったそうで、

いや、むしろ 3年生が抜ける状況なので、

8/25に行われる地元祭りの演奏に向けて、

猛練習が始まったそうです。

 

メインになる2年生は たったの6名。

あとは まだまだ不慣れな1年生が14名。

 

顧問の先生が

「自主練は 別に やってもいいのよ~~

教育委員会は、部活動の時間は規制してるけど、

自主練は規制してないのよ~~~」

と 裏のパワハラ(笑)を 繰り出して来たので、

朝早くから行き、お弁当持って、

2時ころまで自主練してます。

う~む。

6時間位?? ホルン吹いているそうです。

 

おかげさまで、今年も 夏休みの宿題が

進んでおりません。

 

7月中には メドを付けてほしい 父が

兄sakura(13)に 発破をかけております。

 

 

部活顧問と、父と 両端からパワハラ

がんばれ!sakura♪

 

 

 

さて、さて でもでも

頑張っているのは 我が家の息子だけでは

当然ないわけです。

 

sakuraの保育園時代からの 

幼馴染達や、親友も

この暑い夏 色々頑張ってます。

 

バレーボールや、陸上や、剣道や、ダンスや、空手や。。

中学二年生 みんな 青春してます。

 

先週末は 

Sakuraの幼馴染の子が

駅前でフラメンコを踊るというので、見てきました。

 

f:id:kiyosakudaimo:20180729213338j:plain

 

気温36度の中、

日陰も無い場所で、熱い熱いフラメンコ

 

 

 

 

踊り好きなmomoも見入っていました。

 

 

時々 こっちを見ては 

見せてくれる笑顔にドキリ☆

さいころから知っている彼女とはまた違った、

大人っぽく、力強いダンスに

暑さも忘れてしまう程でしたよ。

 

夢中になれるものがあるって、すごい。

やりたい事があるって 素敵。

 

Momo(7)にも 是非

これだけは!やりたい!!と 思える

何かが見つかるといいな~~と

思った 36度の土曜日でしたとさ。

 

 

それでは、また。