https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

親が敷いたレールなのかな?

今日は少し 真面目なお話し。

 

 

 

子供は生まれた時から 一人の人間として

個性をみとめてあげる。

 

これ、最近よく言われています。

 

 

だから、その子が 将来どうなりたいとか、

今 どうしたいとか、

そういう意見は尊重すべきで、

親はそれを見守るべきだという 考え方が

今は大切にされていますよね。

 

 

夫と喋っていて、

ふと 思ったんです。

 

sakuraには 自分の道を歩ませているつもりだけど、

じつは、sakuraは私達が敷いたレールを 歩いてくれているんじゃ? と。

 

 

たとえば、、、、、

 

今 彼は 科学好きだけども、

もともとは、私たちが 大学園祭やイベントなどで、

実験系のイベントに沢山参加させたからなのでは? とか。

 

 

今 彼は 中学校で吹奏楽部だけども、

小さい頃に、私たちが オーケストラ等を見せたり、

こんな事をさせたからでは? と。

 

 

 

こんな事 とは↓ 

 

毎年の出初式で、演奏される消防隊の演奏者にかけあって、、

 

 

出初式

 

 

出初式 2

 

※毎年、はたらくくるまを見たのち、

  楽隊の楽器を触らせてもらってました♪

 

 

なつかし画像 (笑

sakuraかわいい♪ まだ(←!)

 

 

 

 

こうやって 私たちが sakuraを洗脳?

レールを敷いていたんじゃないかな~~~って。

 

思ったのであります。

 

 

 

どうなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、子供たちに 外国に興味を持ってもらいたい!!

という 私の願望が強いあまりに、

飛行機を間近で見れる 今のところに 住まいを選んだわけですが、、、。

そこから もう 親のエゴが 満載なのかも。

 

 

今日は 「見守る」 「親の敷くレール」について

1人 考え込んでしまいました。

 

 

 

みなさまは どのように お考えですか?

 

 

 

sakuraは どんな風に 自分の将来を考えているのかなぁ。。。。

 

 

 

 

 

おしまい。