https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

定点カメラ 定点視点のすばらしさ

高校1年生男子

小学4年生女子

育児中の母です。

 

お疲れ様です。

 

 

まだまだ 兄sakura(15)が ひま~~な高校生活を継続中の

毎日ですが、

妹momo(9)がお先に

学校生活と、習い事生活を充実させています。

 

 

今週金曜から

いよいよ兄sakura(15)も

英語国際コミュニケーションの習い事で、

zoom会議を行うそうです。

 

高校生リーダー会議だそうです。

ちゃんと会議するのだろうか??(笑)

 

 

さて、そんな 兄sakura(15)は

この春

高校入学の際に、

長年習っていた

ピアノの先生から巣立ちました。

 

先生が先生を初めた初期の頃から

生徒だった息子に、

思いれも強かったのか??

「やめないで~」と何度も 引き止めていただきました。

 

しかしながら、

高校生活で

部活に全力を注ぐ決意をした兄は、

「また 時々 きます!1回いくらですか?(笑」と

大人の条件を提示して、

教わりたくなったら、

先生に会いに行く、というスタイル契約をしたそうです。

 

ということで、

一応 ピアノ卒業。

ピアノの月謝制度の終了をいたしました。

 

その数日後、

ピアノの先生から 郵便物が。

 

 

 

f:id:ta_ka-tan:20200514201434j:plain

 

sakura(15)が ピアノを始めてから9年間の様子を

編集して 送ってくださいました。

 

毎回のレッスンの素の様子。

そして、毎年の発表会の様子が

この中には収められていました。

 

先生の目線の定点カメラ。

この定点が すばらしい。

兄sakura(15)の

9年間が同じ視点で見られるのです。

 

足台に届かなかった彼が

ひざを折り曲げて、ペダルを踏みながら演奏する姿。

 

それだけでも涙が出ました。

 

 

落ち着きなく、

先生のほうをちらちら見ながら、

「あってる?」「やべーーー!」と

叫びながらの練習。

 

楽譜を中学2年生まで読めなかったのに、

先生に励まされて

暗譜耳コピで頑張ってきた

演奏会。

 

彼の彼なりの成長記録を

先生に撮っていただいていたのですね。

 

感謝でしかありません!!!!!

 

 

 

 

最後となってしまった、

ピアノの発表会の映像には

おもわず家族で涙ぐんでしまいました。

 

 

成長って

毎日一緒にいると気づかないものですね。

 

 

 

f:id:ta_ka-tan:20200514201431j:plain

 

 

 

 

 

sakura(15)は

ピアノを一度 卒業しますが、

彼の中に 育った音楽の種は

間違いなく花を咲かせたと思います。

 

彼の中で「音楽」が大きなウエイトをしめているのは

ピアノの先生の指導のおかげです。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

続けることの大切さ、

見守ることの大切さ、

その中に成長が隠れていること。

 

 

そんなことを感じたDVDでした。

 

 

 

ますます 息子sakura(15)の中に

音楽があふれますように!!!

 

 

それでは、また。