https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

中学二年生男子がスマホを手に入れられるか?

 

 

「お子様にスマホを持たせてますか?」

 

こんな質問を春に書いた気がします。

こちら

 

ohananohanashi.hatenablog.com

 

 

 

あれから5か月

 

この5か月間

我が家でも 息子sakura(13)の

スマホ冷戦が繰り広げられていました。

 

母親の私には 口を開けば

スマホ欲しい」

「クラスのみんなが持っている」

「部活の連絡ツールが必要」

などなど。

 

 

けれど、基本 厳しい父親には言えないらしく、

家族会議に上げてこなかった息子でした。

 

しかし、中学二年の定期テスト一回目

父親に

「オール95点以上取れたら、スマホ買ってくれる?」と

聞いてみた sakura(13)

 

 

平均点80点を取った事が無いのに、

よくも まぁ~ 言えたもんだと、

夫は

即答

「いいよ♪」

 

 

本人 やる気を出し、かなりお勉強をしたのですが、

やはり そうは問屋が卸さず、

いつものレベルの 点数を取って帰宅しました。

 

悔しくて、寂しくて??

欲しくて欲しくて。

それでも、父親との衝突を回避するのが

最優先かと、思ったのでしょうね。

Sakura(13)は しばらく 沈黙を守りました。

 

秋の2回目の定期テスト

また 何か言ってくるのか?

どう出るのか?

 

夫と私は お互い 静かにすごしておりました。

 

 

そして、momo(7)が 英語キャンプで不在のあの日

急に 歯車が回り出したのです。

 

 

何気なく行った電気屋

息子が スピーカーを物色。

夫がその横で 息子と会話。

 

そして、

Sakura

「あ~~ iPhoneが 並んでるよパパ~~♪」

「いいな~~ 欲しいなぁ~~♪」

 

 

反抗期中で、いつもは ぶっきらぼうな息子。

まるで小学3.4年生ぐらいに戻ったかな?という

勢いで、父親に 言っていました。

 

すると

夫が一言

『いいんじゃない? 自分のおこずかいで 買ったら』

 

 

 

息子sakura(13)呆然。

 

これまで 何度か 訴えた時は

門前払いだった父親からの

まさかの台詞に

一瞬 頭も顔も真っ白になっていました。

 

スマホ」の文字を 出せば

親子げんかになりそうだった日々が まるで

夢だったかのような

 

『いいんじゃない』発言でした(笑

 

 

 

昔 それはsakuraがまだ 5年生だった時、

プレステが欲しかった彼が、

父親に 「買って」と言ったら門前払い。

 

だけど、しばらくしてから、

「ピアノを習い続けるなら、自分で買ってもいいよ」と

許可を受けた、

あの日のような そんな出来事でした。

 

共通点は

「自分で買ってもいいいよ」

「自分のおこずかいで買えるならいいよ」

 

ふふふふ(笑)

 

 

私には ない 思考です。夫。

 

 

 

しばし 真っ白になった後、

息子sakura(13)は  慌てて帰宅して、

そして、貯金箱から~財布から~~

へそくりから~~ かき集めたのでした。

 

 

話は長くなりそうなので、

続きはまた 後日にしたいと思います。

 

 

果たして、中学二年生男子sakuraは

スマホを買う事ができたのでしょうか???

 

 

乞うご期待!