https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

ホームステイ帰国報告会

ついに! この日がやって来てくれました!!

2017.09.18(月 祝)

ホームステイ帰国報告会です。

2017

7/19~8/20 アメリカオハイオ州へ ホームステイへ行ったsakura

2016 夏

1年前に ステイを決めてから、この帰国報告会が終わるまでが

彼にとっても、私達家族にとっても

オール ホームステイ と 考えていました。

帰国後は、ゆっくりと じっくりと  アメリカでの1か月を振り返りながら、

楽しく 報告会の準備をしようと 考えていたのですが。。。。

帰国してみると、まさかの 「部活来なさい!」招集命令がかかりました。

吹奏楽部の方も 大きな大会に進む事になり、

のんびりしていられなくなったのです。

右腕は、吹奏楽部の顧問から

左腕は 英語の先生から

『sakura こっち!こっちに来て!』 と 引っ張られるように、

平日の夜と、休日は、少しの自由時間もないままに

突っ走って来たsakura(12) でした。

親としては、少しでも休ませてあげたいという 気持ちと

ここまで来たのだから、すべて完璧にやり切って欲しい!という気持ち

そして、ホームステイに関する事は、一斉手を出さないと

去年の夏から 親として心に決めていた事に対しての 煩わしさ。

様々な気持ちが 親子に入り混じった

帰国後の30日間でした。

結局 ホームステイ帰国報告会の準備が

優先順位 と sakuraには位置付けられ、

会場への出発30分まで迄 原稿を考えるという 事態に陥っていました。

だけどね、

ふしぎ。

私達は、 焦ってはいたんだけども、

sakuraなら 絶対 大丈夫

特に ホームステイ関係の事に関しては

という ふしぎな気持ちを 持っていたのです。

sakuraを信じられる力

そんなモノがこの 1年間で 親の私達にも付いたのです。

さ~て、報告会の様子ですが、

申し訳ございません。

一つ下限定記事→にて、掲載いたします。

読んでみたいと思って下さる方がいらっしゃいましたら、

コメント欄より ご連絡下さい。

報告会は 大成功で終わりました。

見に来ていただいた 保護者の方々

小さいころからsakuraを知る 仲間たち、

そして、先生方から

これでもか?

という位の お褒めの言葉を頂戴しました。

sakuraの感性、

sakuraの頑張り、

sakuraの笑顔、

sakuraの度胸、

色々 褒めて頂きました。

報告会は 司会も少し務めましたが、

大きな声だったし、堂々としていました。

本当に お疲れ様でした。

この ホームステイに関する すべての事、

そして、

帰国後こんなに忙しくなってしまった事、

それが これからのsakuraの 自信に繋がっていると

信じずにはいられません。

何度も 言いますが、

これまでに sakuraに関わって下さった すべての方に

感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

これにて、カテゴリー ホームステイへの道は終了かな。

どうかな?(

これからの sakuraの道も きっと おもしろ 楽しく、時々 切なくも

進んでいきます。

どうぞ、陰ながらの応援お願い致します。