https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

それぞれの特性

こんな本読んでみました。

20170131080930f28.jpg

医師の作った「頭のよさテスト」←こちらから購入できます。

ご存知の通り

IQとか、偏差値とか 無関係な我が家。

(狩猟本能だけ まっしぐらです)

でもね、出来る事なら 子供たちを 最大限伸ばしてあげたい!

と、日々願っているんです。

なんだけれども。。。

どうも 個性が強そうな わが子たち。

時々、「どうしたもんじゃろう~~」と 悩むこともしばしば。

何か、手掛かりはないかな?って手に取った本です。

(ご紹介いただいたSさんありがとう♪)

長くなりそうなので、続きは read moreから~

この本によると、人間は6個の特性にわけられるそうです。

書いておられる方は、小児科医で、特に発達障害の先生なので、

その目線から書かれています。

特性 6つ

①視覚優位者 カメラアイ

②視覚優位者 三次元映像タイプ

③言語優位者 言語映像タイプ

④言語優位者 言語抽出タイプ

⑤聴覚優位者 聴覚言語タイプ

⑥聴覚優位者 聴覚&音タイプ

さてさて、我が家の面々はどうなのでしょう?

まずは sakura(11)

母目線では、彼は ⑤か⑥ 聴覚優位者であろうと 

思っていました。

一度聞いたメロディはすぐ覚えるし、

人の物まねも得意だし、

テストは、聞き取りテストなら良い点とれるか

(文字テストは悪い点)

しかし、テストの結果

なんと!

彼は、② 視覚優位者三次元タイプが 高得点

次は ① 視覚優位者カメラタイプ

次に ③ 言語優位者 言語映像タイプ

との結果が出たのです。

え~~~ 耳じゃなくて、目だったの???

なんでも物事をすべて、写真や動画として

脳にインプットしていて、

考えたり、喋ったり、伝えるとき、その絵を頭において

行動しているそうです。

ほぅ。

母、正直びっくりしすぎて、しばし 呆然。

そんな様子を見た 息子は

『え~俺 なんとなく、昔から こういうタイプかもな~って

思ってたよ。人の名前とか忘れるけど、

一度見たら、別の日に その人の事 顔とか覚えてるし~』

はぁ~~そうだったんだ。

とにかく びっくりでした。

気を取り直して、母はというと、

想像通りの

④言語優位者 言語抽出タイプ

文章を言葉にしたり、変換したりするのが得意なタイプだそうです。

それから、momo(6)

まだ本格的テストは難しかったので、

簡易テストをしました。

こちらも 予想通り(笑)

言語優位者

やっぱり 減らず口だもんね~~。

このテストは、何が得意で、何が苦手か

自分の特性が何なのかを知ることによって、

苦手な事を他の所でカバーする方法を見つけたり、

特性を最大限に生かせる道を考える、という本だと思います。

息子は おバカ(笑)だけど、

社会適応能力としては、良いモノを持っていると思うのです。

ただ、現状の日本教育の下では、

やっぱり 落ちこぼれる不安が付きまといます。

でも、少しでも 彼の良さを伸ばせるように!!!

毎日少しずつ 気を付けて、気を張って、気を込めて生活して行きたいなぁ~~。

娘は お利口さん(笑)だけど、

社会性が兄に比べると、、、ちょっと。

現状日本教育の下では、完璧な子なんだろうけど。。。

もっと 大きく羽ばたいて欲しい!!

彼女には、日本だけの性質に染まらないように、

気を付けてあげたいな~~~。

それよりなにより、、、、

まず、

本の中に書いてあった 言葉、、、、

”言語優位者と視覚優位者は 理解し合うのが難しい”

これって、

私と息子のことなんだけど。。

ここをまず 上手く克服しなければーーーー!

私が どんどん喋っても、

息子の頭のでは、ピン!と 来ないという事なのです。って。

より 映像的に

より イメージ的に

絵や写真や映像も駆使して、、色々 母として伝えられたらと思います。

おしまい。