https://ping.blogmura.com/xmlrpc/fh746x2rurp3/

おはなばなし(反抗期兄妹の育児日記です)

反抗期男子と中間反抗期女子のノンフィクション!

愛情と優しさ

019a308bef84f0bc84d44e714018be1c874e56e26f.jpg

ある日 海で遊んだ日の事

息子がカラス貝を並べてあそんだの図

 

息子11歳 まだまだ・・・・かわいい(笑

 

 

 

 

 

 

そんな まだまだ かわいい&反抗期の息子の話です。

 

 

保育園の園長先生と私と話をする機会がありました。

園長曰く、

・厳しくしつけて欲しい保護者と

・とにかく愛情と優しさで接したい園長と

対立抗争があったという話でした。

 

 

私も最低限のしつけは必要だと思いますが、

やはり小さいころは 何よりも愛情が大切だと信じている派です。

ハグしたり、チューしたり、大切だと思うのです。

 

しつけ第一主義の保護者は

もっと先生に勉強を教えてほしい、箸の持ち方をきちんとしてほしい、返事をするようにしてほしい。

と 訴えているそう。

でも それは、園ではもちろんするけれど、

保護者もすべき、そしてその前にまず、自分が愛されて、自己肯定感を作ってあげなくては

いけない、と

対立対立対立。

 

園長先生が悲しんでおられました。

 

 

その話を 夕食で話したところ、

息子が激怒

 

『園長先生が正しい!こんどその親がなんか言ってきたら、俺も園長先生を応援するし、

俺が言ってやる! 子供には愛情を!そうしたら 優しく育つんだよ!!って。

学校に行ったら、保育園の卒園生集めて、園長先生の応援隊を作る!!』

 

 

 

息子 反抗期で母には反抗的ですが、優しいですなぁ、考えてますなぁ。

 

そして、母は園長先生に その息子の事を手紙で伝えました。

 

 

園長先生

 園長先生との保育園生活で、息子はこんなに優しく育ちました!

母子ともに、先生の方針を応援しています。

 

と。

園長先生 涙。

 

 

あ~~ 久々に なんか 良い話だわ~~~(笑